新学期を乗り切る 最低限のアイテムでの 1週間全身コーデ術

前回の記事に引き続き、新学期に向けて最低限のアイテムで乗り切る着こなしについてお話します。

カットソー×2 シャツ×2 スウェット×1 ジャケット×1 マウンテンパーカー×1 ボトムス×2 スニーカー×2

の計11点を前回ご紹介しました。

11のアイテムで大学は過ごせる! 新学期を最低限の服で乗り切る方法

では、これを1週間にあてはめて、コーディネートをしていきましょう。

4月上旬の1週間コーデ

新学期がスタートした時期は、まだ少し肌寒いのでアウターや重ね着が必要です。

次の例で具体的に説明しましょう。

1しゅうかんこーで春

月曜は白シャツ×スウェットのレイヤード。

デニムに白スニーカーで、シンプルかつ爽やかなコーディネート。

火曜はデニムシャツにジャケットです。

黒チノパンと黒スリッポンの相性は抜群。

水曜はマウンテンパーカーを脱がないで、1枚で着こなすのがポイント。

このようにインナー無視で1つのパターンが作れるのが、マウンテンパーカーが使いやすい大きな理由です。

木曜は、ジャケットのインナーにスウェットをもってきました。

金曜は白シャツ×マウンテンパーカーで、前を開けてジャケットのように羽織ります。


汎用性の高いアイテムがそろっているので、全く同じにはならないはずです。

これらをベースに、すでに持っているアウターなどを組み合わせていただければ完璧です。

きっと春は乗り切れます。

注意点は、毎週月曜はコレというパターンを決めないこと。

月曜の授業だけ一緒など、曜日によって固定で会う人がいると思います。

ですので、「毎日同じ服」ではなく「毎週同じ服」と思われるのを避ける為、ローテーションはバラしましょう。

初夏の1週間コーデ

新学期を乗り切るまであと少し、という時期のコーディネートも紹介します。

春に比べ、だいぶ暖かくなってくる頃です。先ほどは無かったカットソーの出番が多くなります。

1しゅうかんこーで夏

月曜は白シャツ×デニムのシンプルコーディネート。

ここで季節感を出すポイントは、ボトムスのロールアップです。

8~9部丈くらいに裾をまくることで同じボトムスでも爽やかさが出ます。

火曜はデニムシャツのインナーに白カットソー着ました。

前のボタンは閉じても良いですが、インナーが見える程度に首もとのボタンは開けるのがベスト。

また、デニムシャツは腰に巻いても違ったパターンとして使えます。

水曜はスウェットでモノトーンにまとめます

木曜は、黒カットソーをインナーにします。こちらもシャツのボタンは閉じてもOK。

金曜はデニムシャツを1枚で着こなすパターンです。一番上までボタンを閉じるとキレイめに着こなせます。


この時期のポイントは、先ほども少し触れましたがロールアップです。

ボトムスの裾もそうですし、シャツの袖も捲ることで印象が大きく変わります。

同じアイテムを同じように見せないテクニックです。

まとめ

以上が、新学期の前半と後半を例にした1週間の着こなしです。

少ないアイテムをいかに違うように見せるかが勝負になってきます。

あくまでも最低限の着こなし方ですので、これを基盤にしてアイテムを増やしていくのがベストです。

少ないものを上手にやりくりしていくと、着こなしのレベルは格段に上がりますので、次からの買い物にも活きてくるでしょう。

初心者にこそ、試してみてほしい着こなし術でした。

当ブログ、メンズファッションカレッジでは、今後も男子大学生に向けてファッション情報をお伝えしていきます。

何か質問やご意見があれば、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)