タックパンツの選び方 細身なのに余裕のあるコーデに

男子大学生にオススメしたいのが、タックパンツ、プリーツパンツと呼ばれるパンツです。

スーツに使われるようなスラックスに多く見られるのがタックですが……

これがスタイリッシュに決まる要素をもっているのです。

では、今回はそのタックパンツについて紹介します。

タックパンツとは?

タックパンツ、プリーツパンツのタック(プリーツ)とは何なのでしょうか。

たっく

パンツの前側にあり、布をつまんで出来たひだをタックと呼びます。

これは、腰周りにゆとりをつくったパンツに見られる加工です。

ですのでスラックスなどの、ゆったりめのパンツに多くあるんですね。


タックの無いパンツをノータック、タックの数によってワンタック、ツータックと呼ばれます。

おすすめの理由と選び方

タックパンツはスーツ用のパンツに多くある、ということで、どうしても高い年齢層が使いがちなアイテム。

細身のシルエットが主流の現代では、あまり若い人向けというイメージは少ないです。

タックパンツ自体が若くない……これが大きなデメリットです。

しかし、選び方によっては他人と差がつくアイテムに変わります。

それは、テーパードシルエットを選ぶこと。

こちらのパンツは、2タックで腰周りに余裕があります。

その一方で、裾にかけて細くなって、裾幅もかなりタイト目な作りです。


太いパンツより、細いパンツでスッキリ見せたい、

でもピチピチすぎるのは避けたい

そんな時に絶妙に良いとこ取りをしてくれるのがタックパンツです。

定番になっているスキニーなどの細身パンツの中で、ゆとりをもったシルエットのパンツを履くと自然に差がつきます。

それでいてキレイめ感は損なわないシルエット。

履いていてラクなのも大きなメリットではないでしょうか。

注意するポイント

テーパードが大事、と言ったように、腰周りの余裕と足首にかけてのスリムシルエットが良さです。

太めのタックパンツを選んでしまうと、それこそ野暮ったくなってしまいます。

また、股上が深すぎたり浅すぎたりと言うのも避けたいところです。

股上が浅いと、タックを入れてまで作る腰周りの余裕がなくなってしまいます。

股上が深くサルエル気味だと、子どもっぽい印象になってしまいます。

絶妙なバランス感で作られたのがタックパンツだといえますね。

まとめ

最近では、スーツ以外でもタックパンツは多く出されています。

ですので、タック入りのチノパンなど、何にでもあわせられるアイテムが多いです。

ぜひ、普段のコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

当ブログ、メンズファッションカレッジでは、今後も男子大学生に向けてファッション情報をお伝えしていきます。

何か質問やご意見があれば、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)