ファッション初心者のための、新生活に向けた靴の選び方・履き方

新大学生になる方、新学期を迎える方、

春からは新しい靴で新生活を送りたいと考える方も多いのではないでしょうか。

そのための準備は、今からしておくのがベストなのです。

今回は、初心者向けファッションとして、どんな靴を選んで履いていけばよいのかを紹介します。

また、大切にしていきたい靴をどう扱うかについても述べていきます。

最初の1足は?

ファッション初心者にオススメの靴は、スニーカーです。

特にローテクスニーカーが良いでしょう。

【三種の神器】男子大学生が最初に買うべきおすすめアイテム紹介

こちらの記事でも紹介していますが、使いやすさがトップレベルです。

【VANS】 バンズ ERA エラ V95CLA BLACK

【VANS】 バンズ ERA エラ V95CLA BLACK
価格:4,860円(税込、送料別)

これに対して最近では定番化しているニューバランスなどのハイテクスニーカーは、初心者にはオススメしません

合わせ方によっては子どもっぽくなりがちで、これは初心者であれば確実に避けたいからです。


最初の一足としては、白や黒といったモノトーンがおすすめ。

服装を選ばずに履けると思います。

靴のメンテナンス

靴を丁寧に扱ってやっとオシャレが始まるといっても過言ではありません。

靴を履く上で確実にクリアすべきことからお話します。

大前提ポイント

  • かかとを踏まない
  • 靴下は必ず履く

型崩れや、臭いは避けたい問題です。

そのため、これらの項目は真っ先にクリアしている前提で次に行きましょう。

雨・汚れ対策

  • 雨の日はなるべく避ける
  • 防水スプレーをする

こちらは湿気対策の項目です。

雨の日は雨の日用の靴があることが理想的です。

まだそんな余裕は無いと思うので、購入したら防水スプレーを必ずかけましょう。

防水スプレーは、水だけでなく、汚れも付きにくくしてくれます。

アメダスの防水スプレーは定番ですし、ある程度長く持ちますのであれば便利です。

もし、やむを得ず大雨で外に出なければならないという日は、今まで履いている履き古しの靴を履いて出ましょう。

歩き方

こちらも靴を長持ちさせて、さらにオシャレに見られるために必須のポイントです。

歩く時は、かかとから地面につけて、足裏全体をつけた後、つま先から蹴り上げるのが理想です。

言葉で聞いても難しいと思いますが、簡単に言うと、

かかとを引きずって歩いたり、前のめりになって歩くなということです。

意識ひとつで変えることが出来ると思いますし、姿勢を正すことで印象も大きく変わります

靴のためにも自分のためにも心がけましょう。

家に着いたら

一日履いて家に帰ったら靴を休ませてあげましょう

脱いだばかりの靴は、湿気がいっぱいです。

湿気は靴を傷めますので、乾燥させてあげることが大切です。

実は、靴の中に乾燥剤を入れるのも、湿気を取るには有効です。

お菓子の袋に入っている、いわゆる「食べられません」でも良いでしょう。

出来れば、帰ってきたら靴の中に入れて湿気を取るのがベストです。


保管場所も、直射日光の当たらない風通しの良い場所が良いでしょう。

玄関に置く時も、靴箱が箱型ではなく棚になっているものに置く方か、戸は閉めないほうが風通しは良いです。

同じ靴は毎日履かない

これは衣類全般に言えることですが、毎日はくのは避けましょう

靴も休ませることで、先ほどの湿気も取れますし、ある程度回復します。

それを待たずに毎日使うと、寿命は一気に縮んでしまうのです。

理想は3足をローテーションすること。

難しければ、現在ある靴を含めたり、2足のローテでも構いません。

とにかく毎日履くのはNGとだけ覚えておいてください。


新生活が始まって一気に揃えるとなると大変ですから、今から早めの準備が必要なのです。

ちょっとずつ揃えていくのが良いと思います。

まとめ

以上がファッション初心者が、新生活のために知っておくべき靴のことです。

春から夏にかけて使えるアイテムとしてスニーカーをオススメしました。

秋からはブーツや革靴なども候補に入れてよいと思いますので、また別な記事で紹介します。

オシャレは足元からと言いますので、しっかり靴を準備してくださいね。

当ブログ、メンズファッションカレッジでは、今後も男子大学生に向けてにファッション情報をお伝えしていきます。

何か質問やご意見があれば、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)