大事なジャケットを長持ちさせる3つのポイント

男子大学生の定番アイテム、テーラードジャケット

お気に入りのアイテムを長く使うための、メンテナンス方法をご紹介します。

カジュアルなジャケットから、スーツのジャケットまで幅広く使える方法です。

ジャケットに限らず、服には長持ちさせるポイントが3つあります。

それは、

  1. 着ているとき
  2. 着終わったとき
  3. 着ていないとき

この3つのタイミングで、それぞれちょっとした注意をすることです。

どういうことか、それぞれ見ていきましょう。

着ているとき

まずはジャケットを実際に着ているときのことです。

インナーの選び方を考えることが大切です。

スーツのジャケットとしての着用であれば、インナーは襟のあるシャツでしょう。

ただ、カジュアルに合わせた場合はインナーがカットソー(Tシャツなど)になる場合があります。

このとき、襟汚れが直接ジャケットに付くことが考えられます。

シャツであれば洗濯は比較的簡単ですが、ジャケットとなれば洗濯しにくいものがあります。

ですので、汗をかく場合などは要注意です。

また、防水スプレーを襟元にかけるというのも、汚れを防ぐためには効果があります。

素材によっては傷む可能性もあるので、注意して使用してください。


ジャケットを脱いで持ち歩くときも、ひと手間くわえることで長持ちします。

脱いだジャケットを裏返しにして、表面のダメージを防ぐ方法です。

じゃけたたみ

両肩の内側に手を入れて、背中のラインを真っ直ぐに合わせて2つ折にします。

そのあと、手を返すようにして、ジャケットを裏返します

この状態でたたんで持ち歩くと傷みにくいです。

特にスーツ用のジャケットや、ウール素材などのややデリケートなものに効果的です。

着終わったとき

着用し終わって、家に帰ったときが次のポイントです。

スーツなどでは特に、ジャケットのブラッシングが重要です。

こちらはウール素材用のブラシですが、一本あれば重宝します。

ウール素材はジャケットに多く使われていて、ほこりも付きやすいです。

ブラッシングのポイントは、特に汚れやすい

襟元、肩まわり、ポケット

この3点を注意して手入れすると良いでしょう。

着ていないとき

特に重要なのが、この保管時のメンテナンスです。

まずは保管方法で、ハンガーにかけるときの注意点。

はんがー

針金ハンガーのような細いものは避けるのが無難です。

ジャケットの肩のラインが崩れたり、重みによってヘンな跡が付いてしまうことがあります。

木製でも、プラスチックでも良いので、やや厚みがありジャケットの肩幅に合うものを選びましょう。

100円ショップなどでも販売していますので、厚手のハンガーを探してみてください。


最後のポイントは、毎日着ないこと。

ウールなどのスーツジャケットは特に重要なポイントです。

着用して外出すれば、少なからずジャケットは傷みます。

ですが、ジャケットの生地を休ませてあげることで、生地はある程度回復するのです。

でも毎日着てしまうと、回復する暇がありませんので、ダメージが蓄積してしまいます。

保管場所は、直射日光の当たらない、風通しの良い場所が理想です。

よく着るのであれば、クローゼットなどではなく部屋の影になる場所にかけておくのも良いでしょう。

また、風通しが悪くなるので、クリーニング後はビニール袋から出すのも大事です。

まとめ

以上が、着ているとき・着終わったとき・着ていないとき

のそれぞれのポイントでした。

ジャケット以外、特にアウターなどにも活用できる方法ですので、試してみてください。

メンズファッションカレッジでは、今後も男子大学生に向けてファッション情報をお伝えしていきます。

何か質問やご意見があれば、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)