冬の鉄板アイテム「ニット」は素材で選ぼう

今の時期はニットを着る機会がとても多いのではないでしょうか。

ただ、着心地やニットの雰囲気はそれぞれ大きく違っています。


ニットのデザインだけでなく、素材に注目してみて欲しい、というのが今回の記事です。

ニットで主に使われているものは、毛(ウール)、綿(コットン)、絹(シルク)、カシミアに加えて、化学繊維のポリエステル、アクリル、ナイロンなどが多いです。

また、上の素材を混紡している場合もたくさんあります。

素材について詳しくまとめた記事は、こちらも参考にしてください。

服に使われる素材まとめ 服選びのポイントは素材!?

では、素材によってどのような違いがあるのかを説明していきましょう。

ウール

やはり、一番暖かいのはウール素材のものです。

ニットを選ぶということは、寒さ対策という点も大きいはずですので、ウールを使用しているものを選びましょう。

また、ウールだけで編まれたニット(毛100%表示のもの)は、シワになりにくく、見た目も高級感が出ます。


ウールニットの欠点は虫に食われやすいことと、チクチクする場合があること。

こればかりは、着てみたり、実際の管理だったりの話になってしまうのですが、頭に入れておくべきことでしょう。

こちらのようなニットは、シンプルであわせやすく、ウール100%なのも良い点だと思います。

また、本格的なニットは重量があります。重さということも考慮して選びたいですね。

そして、本格的なものは様になる分、価格が高いのも特徴です。

それでも長く、しっかり着られますので、一着持っていても良いでしょう。

化学繊維

ポリエステルやナイロンで出来たニットもあります。

軽くて、ウールに比べてデリケートではないことが大きな利点。

洗濯表示にもよりますが、例えばポリエステル100%のニットなどは、自宅の洗濯機で洗えることもあります。

虫にも強いので、管理がラクなのは圧倒的に化学繊維で作られたニットです。


着心地を気にするのであれば、あえてアクリルのものを選ぶのもアリ。

ウールのようにチクチクした肌触りにならない代わりに、静電気が起きやすいというのは難点です。

また、毛玉が出来やすく、安っぽい印象になりがちなのも欠点です。

価格はウール100%のモノに比べ、安い商品は多いです。

カシミア

挙げたものの中では最も肌触りがよく暖かさ、軽さも兼ね備えている高級素材がカシミアです。

カシミア100%のニットを選べば、チクチクする心配も無く、抜群の着心地だと思います。


ただ、問題は管理の難しさにあるでしょう。

毛玉シミも出来やすく、洗うのもクリーニングでないと風合いを損ねやすい、ほつれや穴もできやすいというデリケートさ。

やはり良いモノは管理をしっかりしないといけませんので、覚悟をもって購入して欲しいアイテムです。

もちろん価格も高くなります。

コットン

コットン素材のニットもあり、こちらも使い勝手が良いです。

暖かさは他のものに劣りますが、すこし厚手のTシャツという感覚で使えるのが特徴。

インナーとしても使いやすく、レイヤードもしやすいのでおすすめです。

管理するとき、特別気をつかわなくて良いのも利点です。

厚手のアウターを着るなど、防寒対策をしっかりするのであればコットンニットは都合の良いアイテムではないでしょうか。

まとめ

自分にはどんな素材が合っているのかをまとめましょう。

暖かさなら 厚手のウール、カシミアを。

着心地なら カシミア。 次にコットン、アクリルなどの化学繊維。

価格や耐久性なら 化学繊維、コットン、ウール混紡のもの。

「素材」というところに注目して、自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

メンズファッションカレッジでは、今後も男子大学生に向けてにファッション情報をお伝えしていきます。

何か質問やご意見があれば、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)