オシャレ小物・メガネの選び方 アイウェアのコーデとは

普段からメガネをかけているという方も、オシャレで伊達メガネを使う方もいると思います。

今回はアイウェア(メガネ)についてです。

いろいろな形のものがあり、どれを選んだらよいのか迷いますよね。

普段用や、ファッション小物としてのアイウェアは、普段よくするファッションに合わせて選ぶのが良いかと思います。

では、オススメの種類ごとにみていきましょう。

 ウェリントン

最近、大注目の形であるウェリントン。

逆台形のかたちをしたフレームで、トラッドな雰囲気に良く合います。

こちらは価格も抑えめで、お試しに良いと思います。
雰囲気としては、きれいめなスタイルにまとまりシャツやジャケットなどと合わせたいアイテム。

こちらは人気のレイバンのモデルです。

存在感があり、自然とオシャレな雰囲気になりますので、服装もしっかり意識してまとめたいところです。

ボストン

こちらはいわゆる丸メガネに近いアイウェア。

卵形のようなフレームで、先ほどのウェリントンと同様に、古典メガネの代表といわれる存在です。

自然と知的な感じにまとめることができます。古着との相性も◎

ただ、調子に乗ったオシャレに思われがちなので、あくまでもさらっとまとめるのが基本。

あわせやすさを考えるとレンズに色が付いたものは選ばない方が無難です。

本気の1本として選ぶならこちらもアリ。

度をいれて普段使いにするなら、ずっと使えるアイテムですので少し値は張りますが良いのではないでしょうか。

サングラス

次はサングラスです。夏のアイテムじゃないの? と思う方も多いかもしれませんが、冬も使えます。

今の時期の方が紫外線は多く、意外に活躍するんです。

このあたりのデザインであれば、ちょっとワイルドなイメージのサングラスも落ち着いて合わせられるでしょう。

もちろん、バイカースタイルや、ミリタリーや、ロックなテイストにもマッチします。

そして、特に帽子と合うのがサングラスです。キャップやニット帽とぜひ合わせてみてください。

ニットキャップに関してはこちらの記事もご覧ください。

ニットキャップのかぶり方 前髪と帽子選びのコツとは

キャラクターに左右されますが、ストリート系に興味がある人も十分に使えるアイテムだと思います。

スクエア

どんなスタイルにも合わせやすい、ポピュラーな形。

小物の合わせ方に慣れるためには、丁度良い難易度のアイテムです。

メガネのイメージ自体、知的に見せる効果がありますので、それを狙って取り入れるのがポイント。

普段メガネをかけていない人がかけるからこそ差がつくアイテムです。

本気の1本はこちらもいかがでしょうか。

やはりこういった小物は、値段がそのまま表れます

ですから冒険しすぎない(何にでも合わせやすい)フレームで、ひとつ持っていても良いと思います。

まとめ

自分に合うメガネは見つかりましたか?

どういったタイプの服装にチャレンジしたいかに合わせて、メガネを選んでみるというのも面白いのではないでしょうか。

メンズファッションカレッジでは、今後も男子大学生に向けてファッション情報をお伝えしていきます。

何か質問やご意見があれば、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)