基本のネクタイの結び方 プレーンノット解説

男子大学生であれば、なにかとスーツを着るという機会は増えてきますよね。

そこで、今回はネクタイの結び方について解説します。

紹介するのはプレーンノットと呼ばれる結び方です。

最も基本的な結び方で、コレさえ覚えておけば困ることは無いのではないでしょうか。

それでは、たった一つの方法を、丁寧に説明していきますので、何度も試してぜひ覚えてみてください。

プレーンノットの結び方

プレーンノットは基本的で、なおかつ最も簡単といわれる結び方です。

ネクタイへの負担も少ないので、多くの人に好まれています。

それでは……

ネクタイの準備はよろしいですか?

正面から見た鏡のような図と、横からの動きと両方で解説していきます。


プレノ1

はじめに、シャツを一番上のボタンまで閉めて襟を立てます。

次に、ネクタイの両端の大きい方(大剣)よりも、小さいほう(小剣)短めにして首からたらしてください。

プレノ2

そして、次の図のようにクロスさせます。このとき、大剣を上にして重ねてください。

左指で、クロスした部分を押さえておくと良いでしょう。

プレノ3

次に、大剣を小剣の下を通って自分の右側に持ってきます。このときも、左指で全ての重なっている部分を押さえておきましょう。

プレノ4 

そして、上から大剣を自分の左側にもってきます。

このとき、重ね目を押さえている左手をくるむようにすると次の流れに入りやすいでしょう。

プレノ5

終盤です。左手の上を巻きつくように通った大剣を、襟とネクタイの間に入れます

プレノ6

左手で押さえていたことで出来た輪に大剣を通します。これでほぼ完成です。

プレノ 7

最後は右手で大剣をくぼませながら(ディンプルをつくる)、左手で小剣を引っ張って形を整えればできあがりです。

キレイに結ぶポイントは、左手で上手に押さえながら手順を踏んでいくこと。

外す時は、右手で結び目を押さえ、左手で襟元から小剣を引っ張れば簡単にほどけます。


以上が基本中の基本、プレーンノットの結び方解説です。

いかがだったでしょうか? これがスーツスタイルの第一歩です。

多くの場面で活躍すること間違い無しのプレーンノット、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)