海外サイズ、日本ではS?L? 各国のサイズを比較する

みなさんが普段着ている服のサイズはどれくらいでしょうか。

自分はMサイズだ、と思って服を探しても、服によってサイズ表記が違うものがありますよね。

それは、海外のサイズ表記のものが混じっているからです。

日本のブランドでも、単純にSやMではなく、海外サイズで表記しているものもあります。

サイズ感はブランドごとに違いがあるので試着が一番なのですが、ここでは目安となるサイズ表記の各国比較をしていきます。

トップス

カットソーやニットなど、トップスの表記です。

以下の表を参考にしてみてください。

サイズ

また、海外の服にもS、M、Lなどの表記がされているものがあります。

しかし、古着などで海外の服を買う時は要注意です。海外の方が大きめの基準で作られています。

ですから、自分の普段のサイズよりも1つか2つ小さめのものを購入する方がサイズミスを防げます。

例えば、ラルフローレンのシャツは古着などで見かけることがあります。

普段MサイズだからといってMサイズを見つけても、それはかなりオーバーサイズになるでしょう。

アメリカサイズならXSでも丁度良かったりします。

シャツ

シャツサイズはアメリカ・イギリス(インチ表記)に対して、日本と他の国で違う基準があります。

シャツサイズ

海外基準の方がサイズ感が大きい、と先ほども述べましたがシャツでも同様です。

ボトムス

ボトムス

日本のセンチ(cm)に対して、海外のインチ(inch)表記があります。

例えばデニムを選ぶ時に、海外のものであればインチ表記で書かれたサイズを見ます。

デニムの腰のところのパッチにW(ウエスト)とL(レングス)が表記されているのを見たことがある方もいると思います。これもインチ表記です。

1インチ2.54センチメートルなので、上記の表のようにウエストMの人は30~31インチのものを選ぶと良いということです。

シューズ

スニーカー、革靴などは次の表で比較できます。

靴サイズ

レザーシューズを選ぶときなどは、この表記が特に必要になるでしょう。

各国の代表的なブランドごとにまとめたパターンも後日紹介する予定です。


ネットでの買い物でも、今回の表は活躍すると思います。

このサイズは、日本ではどれくらい?という時に見ていただければ幸いです。

サイズの違いを理解して、海外のアイテムもコーディネートに取り入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)