これはダサい!? モテるために注意すべきメンズファッション!

今回はモテるために必須のポイントを、更に詳しくまとめていきます。

女性は細かい部分をしっかり見ています。

今までは気にしていなかったことも、ちょっと気をつけてみるだけでだいぶ改善することが出来るはずです。

わかりやすいように、モテるための条件を

NGファッション・服のチェック

という2つの観点からまとめました。出来る部分から実践していきましょう。

NGファッション

まずはそもそも避けたほうが良い服をチェックしましょう。実は、上級者がオシャレに使うとカッコいいアイテムが多いです。

しかし、初心者やモテることを目指すにはNGファッションです。

多くのメディアやSNS、周りの意見から、明らかに「モテる」ことから遠ざかっているな、というものをまとめましたので確認してみてください。

ジャージ

ただ着ているだけだと手を抜いているようにしか見えません。女性からは最低限のファッションともみなされないので注意。

ナルシストっぽい

具体的には胸元が空きすぎ、靴がとがりすぎ、アクセサリーの付けすぎ……などが挙げられます。カッコイイと思っているのであればモテるためには止めましょう。

サイズが合っていない

サイズ感は難しい問題です。他の記事でも取り上げていきますが、あえてオーバーサイズだったり、ピチピチ過ぎたりという服はモテません。

子どもっぽい

英字プリントや、折り返しチェックなど、中学生のように思われてしまうことがあるようです。男子大学生としては避けたいところです。

季節感がない

真冬にサンダル、真夏に真っ黒、年中同じ格好など。

寒くても短いスカート履いてる女性はどうなんだ…という意見もありますが、男性がモテるためには最低限季節に合った格好は必要なのです。

モテたいならオシャレになるな!? モテない男子大学生がすべきこと

でも取り上げましたが、

「とにかく無難な格好をしましょう。」

ということです。

このほかにも具体的なアイテムを挙げてNGとしている女性がいます。たとえばベスト(ジレ)やショートパンツなどです。

これも無難な格好をしようとすればあえて選ぶことはないのではないでしょうか。

じゃあ何を基準に服を選べば良いのかという疑問にはこちら↓

モテるメンズファッションは簡単! 選ぶべきアイテムの3つのポイント

これはあくまでも基本です。次からはマナーというか、モテるためだけではなく服を着る上で気をつけたい最低限の身だしなみを紹介します。

服のチェック

具体的に服のどこをどう見ればいいか、という部分をまとめました。

今すぐにでも確認できる内容となっていますので、まずはここから始めてみましょう。

ヨレ

首や裾などヨレているものはだらしなく見えます。特に、何度も洗濯をしたTシャツなどは特に注意したいです。

シワ

アイロンをかけるか、干す時にしっかり伸ばすことを心がけて。

汚れ

白い色のものは特に汚れが目立ちます。シャツの襟や袖口には汚れが付きやすく、清潔感に関わります。

靴に関しても汚れがとても目立つ部分ですので注意。

臭い

絶対に対策すべきことですね。インナーなどの洗濯は必ずして、アウターなど洗えないものは、消臭スプレーなどで対応しましょう。

毛玉

ニット系のアイテムもそうですし、アクリルなどの化学繊維を含んだものは毛玉が付きやすいです。部屋着みたいにならないようにしましょう。

ほつれ

ボタンが取れかけていたり、服の端から糸が出ていたりしませんか? 細かいようですが、モノを大切に扱う上でも気を配っていきたいポイントです。

以上が着る服で最低限チェックしたい項目でした。

「モテるために…」というテーマで書いたことではありますが、このような部分に気をつけるということは、ファッションにおいても大切だと思います。

ファッションが好きになっていけば、NGファッションで挙げた項目も自然に取り入れることが出来ますし、服のチェックの項目もクリアしています。

こういう部分に気を配れる人は間違いなくモテます。

ぜひ、実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)